浮気調査に関する事なら、山口県下関市の探偵事務所 フォーチュン下関にご相談下さい。

耳なし芳一と壇ノ浦の合戦について Part2
yamaguchi-city 1269

  • アーカイブ
  • カレンダー
    12月 2018
    « 11月    
     1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031  
    ブログカテゴリ
    過去の記事
feed

トップページ » 耳なし芳一と壇ノ浦の合戦について Part2

2013年7月16日

~耳なし芳一と壇ノ浦の合戦について Part2~


前回は、耳なし芳一について書いたので、今回は壇ノ浦の合戦について書きます。


☆壇ノ浦の合戦について☆

壇ノ浦の合戦があったのは、1885年(元暦2年)です。

現在の山口県下関市にある壇ノ浦というところで、合戦が行われました。

壇ノ浦の合戦は、平家と源氏の最終決戦で、両者の船は平家500隻、源氏700隻でした。

開戦当初は、潮の流れが東向きだったので平家が優勢でした。

平家は、はじめ大きくて目立ついかにも貴族が乗っていそうな船をおとりに使っていましたが、合戦が進むに連れて、この作戦は源氏にバレました。さらに、潮の流れが西向きに変わり源氏が優勢になり、挽回するにつれて平家が源氏につき、裏切る人も出ていました。

平家は敗北を感じ、源氏に殺される前に自ら死ぬことを選び、平家の人たちは手をつないで飛び込んでいきました。身を投げた人の中に、当時まだ8歳だった天皇もいました。

天皇は、三種の神器を身に着けた二位尼(平清盛の妻)に抱かれて飛び込んだそうです。


トラックバック

トラックバックURL

調査前によくある質問と回答
調査の流れ
フォーチュン下関は、西日本最大級の情報ネットワークとノウハウを最大限に活用!だから、フォーチュン下関は正確で迅速な調査を「安心価格」で可能にします。

Copyright2018 © 探偵社フォーチュン下関 All Rights Reserved.