浮気調査に関する事なら、山口県下関市の探偵事務所 フォーチュン下関にご相談下さい。

耳なし芳一と壇ノ浦の合戦について
yamaguchi-city 1264

  • アーカイブ
  • カレンダー
    12月 2018
    « 11月    
     1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031  
    ブログカテゴリ
    過去の記事
feed

トップページ » 耳なし芳一と壇ノ浦の合戦について

2013年7月16日

~耳なし芳一と壇ノ浦の合戦について~


みなさんは、“耳なし芳一”という昔話を聞いたことありますか?

今回は、耳なし芳一の昔話と、この昔話に出てくる“壇ノ浦の合戦”についてです。


☆耳なし芳一物語☆

今の赤間神宮というところに、芳一という盲人がいました。芳一は、琵琶法師としてとても有名だったので、平氏の亡霊もひそかに聞きに来ていたそうです。あるとき、芳一は呼ばれるままに、誘われるままに亡霊についていき、武士や婦人の前で壇ノ浦の合戦を歌いました。芳一の歌に感動した武士たちは、明日から毎晩来るように頼みました。約束どおり、毎晩芳一は武士たちのところへ出かけるのですが、あるとき、これを不審に思った僧が芳一の後をつけていくと、芳一はお墓の前に座って歌い始めました。これを見て驚いた僧は、和尚に見たままのことを伝えました。和尚も大変驚いて、芳一の体中に経文を書き、芳一に誰かが来ても「決して返事をしてはいけない。」と告げ、出かけていきました。その夜、いつものように武士がやってきて芳一の名前を呼びます。しかし、和尚に声を出してはいけないといわれていた芳一は、黙っていました。武士が、何度呼んでも来ない芳一を諦めて帰ろうとしたとき、闇夜に耳だけが見えました。武士は、「せめてこれだけでも」と思い、耳を引きちぎって持って帰りました。

和尚は、からだ中に経文を書きましたが耳にだけ経文を書き忘れていたのです。


次回は、壇ノ浦の決戦について書きます。


トラックバック

トラックバックURL

調査前によくある質問と回答
調査の流れ
フォーチュン下関は、西日本最大級の情報ネットワークとノウハウを最大限に活用!だから、フォーチュン下関は正確で迅速な調査を「安心価格」で可能にします。

Copyright2018 © 探偵社フォーチュン下関 All Rights Reserved.